Eゲーミングと肥満の関連性

オンラインライブカジノはベラジョンでプレイ!

私は今日、自分のブログのテーマを何にすべきか考えていたとき、姉と姉の息子の口喧嘩から大きなヒントを得ました。姉は、息子に対して「(あなたは)1日中ゲームばかりして、他のことは何もしないから太ってるのよ」と言ったのです。そこで今回のテーマがすぐに思い浮かびました。食事とビデオゲームに興味がある方にはぴったりの記事です。 

ポップカルチャーには、ビデオゲームをプレイしている人は皆体重過多だというステレオタイプがあります。このステレオタイプはもちろん間違っています。他のあらゆる物事と同じく、ステレオタイプが当てはまるかどうかは人それぞれ違います。代謝が良すぎる人は体重を増やしにくいですし、代謝が低い人は怠けていると体重が増えていってしまいます。 

Eゲーミングと肥満はどう関係しているのでしょうか?まず、ゲームをプレイする人はパソコンやゲーム機の前に何時間も座り続けるため、活動量が低いです。オンラインゲームはさらに問題で、一時停止させることができないので食事の時間が取れず軽食などを適当に食べてプレイすることになりますし、1ゲーム終わったとしてもまたすぐに次のプレイを始めてしまうのがゲーマーというものです。 

この問題の本質に気がつきましたか?ビデオゲームをプレイする人は、決まった時間に食事を摂っていないのです。適切な食事を摂らず1食か2食で済ませ、しかもその中身が大量のジャンクフードだというのが問題の本質なのです。 

興味深いことに、大半のEスポーツプレイヤー(プロのオンラインゲームプレイヤー)は、一般人の平均よりも健康だということが分かりました。それはなぜなのでしょうか?実際のところ答えは簡単です。それは「自己認識」にあります。

自分の仕事(彼らにとってゲームをプレイすることは仕事です)が極端に不健康だということを認識していれば、それに対応することができます。毎日4時間以上ゲームをしても健康に悪影響はないというフリをしていても、現実は違います。実際は目、脊椎、その他体の重要な部分を酷使しているのです。

しかし、それに対する自己認識ができていれば、健康を維持するためのプランを立てることができます。なぜこれが重要なのでしょうか?パーソナルコーチに日々のメニューを作成してもらい、カロリー計算を行い、食事と運動のバランスを取ることができれば、肥満になることはないのです。 

「サウスパーク」のゲーマーに対する笑えるジョークによって、Eスポーツ関係者たちは今回の私の記事と同じ問いに向き合うことになりました。ゲームと肥満に関連性はあるのか?という問いです。研究によると、直接の関連性はないようです。ゲームはオフィスワークと似ていて、1日8時間座り続けて休憩は30分といった状態です。休憩が1度しかないので、エネルギーを蓄えるために食事の量が多くなります。オフィスでは、どのくらいの人が肥満を抱えているでしょうか?2人?それとも3人?その理由はどこにあるのでしょうか? 

それは日々のアクティビティと関連があります。ゲームをプレイしていない時、あなたは何をしていますか?ゲームを2時間プレイして、その後3時間走っているとすれば、あなたは世の中の90%の人よりも健康です。問題は、ゲームの方がランニングよりも遥かに楽だということです。人はなかなか運動に取りかかれないものです。 

テレビやインターネットで宣伝されている食品は、大半が健康に良くないものです。ゲームをプレイしているときは、スナック菓子やファストフードを食べがちです。スナック菓子とゲームは一体となってカルチャーを形成していると言ってもいいくらいです。スナック菓子やソーダなしでお気に入りのゲームをプレイすることを想像できますか?それはポップコーンを食べずに映画を観るようなものです。 

では最後のまとめに入りましょう。ゲームと肥満に直接的な関連はありません。最大の問題は、ゲームによって食事が夜遅くなったり、先程もお話ししたように食事の内容が不健康になったりすることにあります。定期的に健康的な食事を摂るようにすれば、肥満になる可能性は最小限に抑えることができるのです。 

Liked Liked